タバコと健康被害写真 | 禁煙応援サイト「もうやめよう!そのタバコ」

タバコによって健康被害を起こしてしまった写真

タバコの害を知るには実際に写真で見たほうが文章で説明するよりも早いと思います。そういうわけでタバコの害を中心とした画像を集めてみました。「タバコの害とか自分には関係ない」と楽観的に喫煙してる人も、画像を見て考え方を改めてみることをおススメします。

 

タバコによる健康被害を受けた写真

 

■健康被害写真その1
スモーカーズフェイス
タバコと健康被害写真 | 禁煙応援サイト「もうやめよう!そのタバコ」

 

かなり有名な比較写真ですが、左が喫煙者の40歳時と右が非喫煙者の40歳時の写真となります。左側はいわゆるスモーカーズフェイスとなっています。しみ、そばかす、吹き出物が多くなり、唇や歯肉が黒ずみ、年齢よりも顔のしわが多くなっています。タバコによる酸化作用のせいでビタミンCが大量に失われる事が原因となっています。美容にとって何一ついいことはありません。

 

 

■健康被害写真その2
スモーカーズフェイス②
タバコと健康被害写真 | 禁煙応援サイト「もうやめよう!そのタバコ」

 

こちらもスモーカズフェイスの写真です。喫煙を続けていた場合の写真が右になります。同じ年なのに見た目が明らかに違います。タバコを吸うことで毛細血管が収縮してしまい肌に大きなダメージを与えてしまいます。タバコによる害が一番ハッキリ出るのは『顔』なのかもしれません。

 

 

■健康被害写真その3
タバコで汚れきった肺の写真
タバコと健康被害写真 | 禁煙応援サイト「もうやめよう!そのタバコ」

 

左が非喫煙者の綺麗な肺、右が長年喫煙していた人の肺です。この画像を見てわかるように喫煙者の肺は非常に汚れています。人は目に見えるものを信じるように出来ていますが自分の身体の内部は目に見えないため、このような状態になるまで放っておいてしまうのです。行く末は肺ガンや肺気腫などの病気が待っています。

 

 

■健康被害写真その4
海外の警告パッケージタバコ
タバコと健康被害写真 | 禁煙応援サイト「もうやめよう!そのタバコ」

 

海外のタバコのパッケージには写真のとおり健康被害の写真が載せられています。これはパッケージに「タバコはあなたの健康に被害を与えます。そのことを理解した上でお吸いになってください。伝える義務は果たしたのでガンになっても訴訟などの考えはくれぐれもないように」という意味を込めてのことでしょう。日本のタバコも警告文は掲載されていますが、それだけでは健康被害に関する実感は湧きにくいと思います。

 

■健康被害写真その5
海外の警告パッケージタバコ
タバコと健康被害写真 | 禁煙応援サイト「もうやめよう!そのタバコ」

 

日本でも売られている有名なタバコの銘柄ですが、海外ではこのような衝撃的な写真をパッケージに掲載することを義務づけられています。このようなパッケージを見てなおタバコを吸う人がいるわけですから不思議なものです。日本でもいつかこのような警告写真付きタバコが売られる時代がくるのでしょうか?

 

 

■健康被害写真その6
海外の警告パッケージタバコ
タバコと健康被害写真 | 禁煙応援サイト「もうやめよう!そのタバコ」

 

日本と海外とではタバコに対する見方が歴然と違う印象を受けます。日本ではいまだに大人の趣向品として認知されているふしもありますが、海外ではただの有毒物質として扱われているようです。いずれにしても、将来癌になりたくない人はタバコをすぐにやめるべきでしょう。

 

 

■健康被害写真その7
ヤニで汚れた歯
タバコと健康被害写真 | 禁煙応援サイト「もうやめよう!そのタバコ」

 

タバコのヤニがこびりつき、色素沈着、歯周病などの様々な口腔内の病気を患うことになります。写真の例はあまりにも汚いものですが、喫煙習慣を長年続けている限りけして大げさな症例ではないでしょう。男女問わずこのような歯になってしまうことは本人にとっても家族にとっても望むものではありません。

 

 

■健康被害写真その8
肺気腫
タバコと健康被害写真 | 禁煙応援サイト「もうやめよう!そのタバコ」

 

長年の喫煙により肺気腫となった写真です。肺気腫になってしまった肺は元の綺麗な肺にはなりません。肺機能がすさまじく衰え普通の生活が困難になり、やがては肺癌にと繋がっていきます。目を背けたくなるような写真ですが、こうなってからでは全てが手遅れだと思います。

 

■健康被害写真その9
COPD
タバコと健康被害写真 | 禁煙応援サイト「もうやめよう!そのタバコ」

 

アメリカのタバコのパッケージに掲載された写真です。COPD(慢性閉塞性肺疾患) とは別名タバコ病と言われ、喫煙期間を長期にわたって続けた人ほどなってしまう疾患です。末期になるともはや自力での呼吸が出来なくなり、写真のようにボンベをつけなくてはなりません。喫煙を続けていけばいずれは写真のようになるという警告です。

 

 

■健康被害写真その10
口腔癌
タバコと健康被害写真 | 禁煙応援サイト「もうやめよう!そのタバコ」

 

タバコは肺ガン以外にも様々な癌の要因となります。とりわけ関係が強い癌として 口腔癌が上げられます。口腔癌は口の中に出来る癌です。常にタバコの熱気の帯びた煙を吸うことで口の中にダメージを与えていることが予想されます。

 

まとめ

 

最近になって日本のタバコのパッケージにも注意書きが義務付けられるようになりました。しかし禁煙を促すのに効果的なのはやはり写真だと思います。具体的な害を目で見ることでタバコの本当の害が認識できるわけです。禁煙を実行している人も、これから始めようと思っている人もタバコの害の本当の姿を知っておきましょう。

 

 

・参考書籍