喫煙者の口臭はとても臭いと評判なので禁煙すべし!

喫煙と口臭の関係

 

喫煙者の口臭はとても臭いと評判なので禁煙すべし! | 禁煙応援サイト「もうやめよう!そのタバコ」

 

今回はタバコ(喫煙)と口臭の関係について語っていきたいと思います。

 

今や社会的には喫煙者の存在は非常に煙たがれています。理由はたくさんありますが、一般人の人にとって一番嫌なのは「タバコの強烈な匂い」でしょう。

 

タバコの煙から発する匂いは非常に刺激が強く、鼻炎やアレルギーの原因にもなっております。

 

なぜ喫煙者の息が臭いのか??

 

喫煙している人にも独特な口臭が存在します。一般的には「ヤニ臭い口臭」とされていますが、この臭いの元はいったい何なのでしょうか?
答えはシンプルにタバコに含まれている「タール」の臭いが主になります。

 

タールは、タバコが燃える過程で生成される化合物で、舌や歯をはじめとして肺や胃にも付着する強い粘性を持っているとされています。

 

喫煙ルームなどを外から覗いてみるとわかりますが、非常にどんよりとした黄ばみが壁全体に付いてるのがわかります。
これが喫煙者の体内でも同じくへばりついていることになります。

 

喫煙者の口臭が臭うのは、タール以外にもタバコに含まれるニコチンが深く関係しています。ニコチンには血管を収縮させる作用があり唾液の分泌量が抑制されてしまうとされています。

 

唾液の分泌が少なくなると、口内バクテリアが繁殖してしまい、強烈な口臭を発するようになるのです。

 

口が臭いと言われるのが嫌なら禁煙しよう!

 

ここまでの説明でおわかり頂けたでしょうが、口臭の原因にはタバコ(喫煙)が深く関係しています。

 

タバコを吸っていて、他人から「臭い」と指摘された経験がある場合、完璧に匂い消いをしたいと思うのなら禁煙するしかないでしょう。

 

口臭対策として、口を乾燥させずまめに水分補給をするというのも大切ですが、なによりも口臭の元であるタバコそのものを絶たなければその場しのぎでしかありません。

 

タバコは吸わないけど、口臭が気になる人は?

 

タバコを吸わないけど口臭が気になる、という人も多いでしょう。

 

原因として考えられるのは以下のとおりです。

 

  • 胃(内臓)が悪い
  • 口呼吸をしている
  • 虫歯が存在する

 

こまめに水分補給をし、口内環境を整えることで口臭はある程度改善されていくことが予想されます。

 

虫歯が存在する場合は、早急に歯医者にかかって治療してもらうようにしましょう。本来は毎日歯磨きを丁寧にすることが大切だと思います。

 

もしこれらのことをしても口臭が治まらないというのであれば、内蔵になにか疾患を抱えている可能性が飛躍的に高まります。その場合も、病院に行って診察してもらうようにしましょう。

 

 

以上、喫煙と口臭の関係についてのお話でした。
できることなら人から「臭い」と指摘されないよう、早急に禁煙を開始して頂きたく存じます。

スポンサーリンク